フィギュアスケート資料室 ロビー

コメント欄を利用して掲示板の代用

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル: ステップの上手な選手とは

投稿者 : coco

コメントNo. : 7

はじめまして。
先日自分が好きな選手達を思い浮かべたら
男女問わずステップが上手という共通項があることに気づきました。

スケーティングが綺麗でも必ずしもステップが上手というわけではないけど、
ステップが上手な選手はスケーティングが綺麗な気がしています。

ステップの技術というのは、基本的なスケーティング技術の上に成り立っていると思うので、
サーキュラーやストレートラインステップで高得点の選手はスケーティングスキルが高い、と思って良いのでしょうか。

実際にスコアで確認すれば相関関係が見えてくるのでしょうか、
一度やってみようと思うのですが、スコア表を見ると目がクラクラしてしまいます。

どなたか教えてください。よろしくお願いします。

coco ★xzNtApxo | URL | 2008年02月21日(Thu)01:12 [EDIT]

タイトル:

投稿者 : sushi

コメントNo. : 19

cocoさん

質問の答えとは違いますが、資料室→別館→要素検索で、
年度ごとにステップのみの一覧がレベルごとに表示されるので、
簡単に各試合のステップシークエンスの評価がわかりますよ。

各試合のスコアを見なくても、
どの大会でどの選手がステップでlv3、lv4をとったかや、
GOEをどのくらいもらっているかが判りやすく見れるので、
一度見てみるとおもしろいと思います。

ちなみにストレートラインステップの記号はSlSt、
サーキュラーステップはCiSt、
サーペンタインステップはSeStで、
その後についている数字が判定されたレベルです。

2007年度を見ると女子では浅田選手やコストナー、
男子では高橋、ライサチェク、バトル、ランビエールあたりが
高いGOEをもらっているのがわかりますね。

sushi ★mQop/nM. | URL | 2008年02月23日(Sat)01:11 [EDIT]

タイトル:

投稿者 : coco

コメントNo. : 21

sushiさん

今見に行ってきました。
こんな検索機能があるとは知りませんでした。
非常にありがたいですね。

今季女子でslstでレベル4を取った選手は
コストナーだけなんですね、驚きました。
ステップは素人には判断が難しいですが
勉強したいと思います。
ありがとうございました。

coco ★xzNtApxo | URL | 2008年02月23日(Sat)14:10 [EDIT]

タイトル:

投稿者 : なっつ

コメントNo. : 27

グランプリシリーズのスコアをデータにしていたので、ステップの得点とSSの関係についてExcelで簡単にグラフを描いてみました。
ついでにちょこちょこと解説も。

http://natsume-fs.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/ss_82ea.html

SSはストロークのよさだけが反映されるものではなく、実際にはいろんな要素を含んでいそうなので、今のところ相関らしいものは出てますけど、本当のところはなんとも言えませんね。

なっつ ★gX44jly. | URL | 2008年02月24日(Sun)16:50 [EDIT]

タイトル: ツイズルとループ

投稿者 : n

コメントNo. : 35

ちょっと話からそれてしまうのですが…
割り込みすいません汗
今、ステップのターンについて学んでいるのですが、
一回転ツイズルとループの見分け方がわかりません!
誰か教えてください!

n ★27jWgAF2 | URL | 2008年02月26日(Tue)18:56 [EDIT]

タイトル:

投稿者 : なっつ

コメントNo. : 56

ループは滑走して小さな円(輪、ループ)を描きます。ちょうど筆記体の小文字のL(リットルの記号に使われているやつ)を丸くしたような軌跡になります。ですから前向きに滑走していれば前向きのまま小さくひとまわりする形になり、フォア・バックの切り替えやエッジの切り替えなどは行われません。また、1回転を行うのがせいぜいであり、半回転で止めることはできません。

一方でツイズルは、ターンの間「滑走」はせずフォア・バックをすばやく連続して切り替えていくような形になります。
(つま先側を支点にフォア→バック、かかと側を支点にバック→フォアという感じで方向を変えながら移動していく)
ですからたとえばフォアで始まってバックで終わる1回転半、2回転半などのツイズルということもできます。

ループよりはツイズルの方がずっと速く回転することができます。

なっつ ★gX44jly. | URL | 2008年02月27日(Wed)20:27 [EDIT]

タイトル:

投稿者 : mm

コメントNo. : 60

ツイズルに関しては用語集のほうをみられたほうがいいかもしれません。
ループとツイズルは見分けがつきやすく、あまり見間違わないと思います。
ツイズルには素早さが必須で、スピンしながら移動しているように見えますが、トレースはスリーターンの連続になります。必ずクルクルッと素早く回ります。
ループはℓの字を描きますから、行って戻ってくる感じで、丁寧に小さな円を描きます。

mm ★uK9IXz6E | URL | 2008年02月27日(Wed)22:14 [EDIT]

タイトル:

投稿者 : n

コメントNo. : 73

丁寧なお答えありがとうございました!
おかげ様でなんとなく見分けられるような気がしてきました笑
これからもよろしくお願いします♪

n ★27jWgAF2 | URL | 2008年02月28日(Thu)21:54 [EDIT]

タイトル: スパイラルについて

投稿者 : megumi

コメントNo. : 831

スパイラルのレベル認定要素の中で

「(5) 1つのポジションを3秒キープし、続いてスパイラルポジションを保ったままフリーレッグの方向、あるいは滑っている方向を変え、さらに3秒キープしている。上記4つの観点で言えば(b)または(d)の変更に当たる。 」

というのがありますね?
この要素を満たした選手にお目にかかったことがありません。
フリーレッグの方向だけを変えるとしても多少なりとも
減速してしまうと思いますし
ポジションキープのまま滑る方向を変えるというのは
どう考えても不可能ではないのか?と思ってしまうのですが。。。

megumi ★5AGSUf/Y | URL | 2008年04月04日(Fri)21:54 [EDIT]

タイトル: Re:スパイラルについて

投稿者 : 馬術部

コメントNo. : 849

フリーレッグの方向の変化は、トリノオリンピックのシーズンにスルツカヤ選手、安藤選手などの多くの選手が取り入れていました。

・スルツカヤ 2006トリノFS(RBOでフリーレッグを前→後ろ)
・安藤 2006トリノFS(RBOでフリーレッグを前→後ろ)
・コーエン 2006トリノFS(RBOでフリーレッグを横→前)

滑る方向の変更は、浅田真央選手が行っていました。解説者は「スライド」と呼んでいます。スパイラルシークエンス中ではありませんが、荒川選手やコーエン選手もトリノFSでトランジッションとして行っています。

・浅田真央 2005グランプリファイナルFS(I字でRBO→RFI)

浅田選手の場合は、方向転換の前後のポジションがそれぞれ3秒保持されていないので、今シーズンの基準では認められないでしょう。
トリノシーズンはスパイラルでレベル4をとるために5つの要件を満たさなければいけなかったので、みんないろんなことをやってますね。今は4つでよいので、チェンジエッジをやれば十分です。そもそもスパイラルポジションが3つまでしか認められないので、ポジション変化や方向転換を入れる余裕はないですね。

馬術部 ★2Qwf./yA | URL | 2008年04月05日(Sat)10:21 [EDIT]

タイトル: 馬術部さんへ

投稿者 : megumi

コメントNo. : 950

回答ありがとうございました。
真央選手の2005年GPFの映像も見てきました。
馬術部さんの回答を見て、私は何とお馬鹿な質問をしてしまったんだろうと
正直顔から火が出るくらい恥ずかしくなってしまいました。

滑る方向の変更ってスパイラルのポジションで
くるっと身体ごとターンすればいいだけの話だったんですね。。。
私はポジションも身体の向きもエッジの向きもそのままで
滑る方向だけ変えるのかとばかり。。。(^^ヾ

トリノシーズンではレベル4をとるには
5つも要素を満たさなければならなかったんですね。
今は4つを満たせばよいとされていますが、
ほとんどの選手のスパイラルを見ると
・3つのポジションで方向が前、後ろ、右足、左足全て含まれている
・チェンジエッジ
・難しいポジション
・170度開脚
と、パターン化していますね。
そのぶん「3秒保持」が特に厳しくなったということなんでしょうけど・・・
トリノシーズンではいろいろなポジションを見られたのに
なんだかつまらなくなってきたなと思います

megumi ★djnh.SQU | URL | 2008年04月15日(Tue)09:36 [EDIT]

タイトル: スケーティング技術f^^;

投稿者 : かにばうあー

コメントNo. : 3255

この間の日曜日に30分だけ滑ってきましたぁ!
一昨年の12月頃に行って約1年ぶりであります
その時は後頭部を強打して、その時のトラウマががが
メットをかぶっていなかったので、今回はメットを着用!!!
スケート靴はフィギュア用にしました!
(アイスホッケー用、ハーフスピード用?がありました)
ハーフスピード用ってなんだろう??

とりあえず、前向きに、前に進む練習して来ました^^ゝ

僕は「先のギザギザ」を使い、前向き滑り
(普段歩くのと同じ感じで、つま先のギザギザで少し蹴る感じ)
妻はギザギザを使わずに滑っていました
(何か、体重を移動させる感じだそうです)

単純に前向きに進む(滑る)方法は、幾つかあるのでしょうか???

かにばうあー ★qnZAR.iQ | URL | 2009年01月16日(Fri)12:33 [EDIT]

タイトル: 素人だけど。

投稿者 : non

コメントNo. : 3257

スケートは学校の体育の授業で(スポーツセンター借りて)滑ったことがある程度ですけど、

エッジをカタカナの「ハ」とは逆でつまり「がに股(?)」に近いポーズにして、滑る、というよりはまず歩く(?)感じで氷に「足を置いていく」とだんだん上手く体重移動ができるようになりますよ。

他に詳しい方、宜しくお願い致します。

non ★/Igety2I | URL | 2009年01月16日(Fri)16:41 [EDIT]

タイトル: nonさん、ありがとうございますm(__)m

投稿者 : かにばうあー

コメントNo. : 3258

文章を読み、何となくイメージ出来ました!!!
先ずは、部屋でイメージトレーニングして、スケートリンク行って試してみます!
僕も妻も習った事もなく、とりあえず行って滑ってみたのですが
妻の方が僕より上手く滑れていました
とりあえず、基礎ではギザギザを使うのは、ちょっと違うのかもですねf^^;
だけど、学校で習ったなんて羨ましいですよ~!
本当にありがとうございますm(__)m

では
真央ちゃんみたいに「ふわふわ」と滑れる様に頑張りマオ(^O^)/
あっ、すみません
f^^;

かにばうあー ★qnZAR.iQ | URL | 2009年01月16日(Fri)20:00 [EDIT]

タイトル:

投稿者 : (名前欄が空白です)

コメントNo. : 3259

かにさん、応援してるよ~

(名前欄が空白です) ★- | URL | 2009年01月16日(Fri)21:26 [EDIT]

タイトル: かにばうあーさんへ(^_-)

投稿者 : ジン

コメントNo. : 3262

僕はバックも少し滑れますよ~(^O^)
ジャンプは無理ですけど(笑)

普通に歩く時は
無意識のうちに足を前に出してそれから体重移動してるんですけど

スケートではそれを同時にやることですね。
感覚が掴めればすぐに普通に滑れますよ~☆

体で感覚を掴むまでが早いか遅いかだと思います。

腰は曲げず前傾姿勢ではなくて垂直に
膝は軽く曲げて重心はかかとです。
(膝が真っ直ぐで
つま先に力を入れて前に押し出すと駄目です)
(^O^)
うーん感覚をもっと簡単に表現すると

氷にのった足の体重を常にかかとに!って感じ
つまり足を前に押し出して滑るのではなく

体が前へ移動して
その下に足のかかとがあるみたいな感じです。

そうするとフリーレッグがついてくるので 自然な感じで滑ることができると思いますよ。

それとトウ(ギザギザ)はブレーキではないです。(^_-)
滑れるようになったら止まり方ですね

前方をイン
後方をアウトで氷にくい込ませると綺麗に止まることができますが
もっと簡単なのは
かかとを外側にずらしてハの字にすると止まります。(笑)
かにばうあーさん頑張ってください(^_-)

ジン ★TY.N/4k. | URL | 2009年01月17日(Sat)01:40 [EDIT]

タイトル:

投稿者 : かにばうあー

コメントNo. : 3263

????さーん♪
ありがとうございますm(__)m
僕も????さんを応援しまーす(^O^)/

ジンさーん♪
ジンさんも滑れるんですね!!!(^_-)-☆
感謝でありますm(__)m
お返事沢山書きたいのですが、ジンさんの様な軽快なフットワーク投稿が出来なくて・・f^^;
とりあえず、お礼をと思い!
>かかとに!って感じ
僕も妻も「重心はかかとなのかぁ」っと色々とジンさんの投稿を読み、勉強になりました!!!
!っとの表現が伝わってきましたよ~
明日、またスケート行きたいと思っています^^ゝ

m(__)m

かにばうあー ★qnZAR.iQ | URL | 2009年01月17日(Sat)21:12 [EDIT]

タイトル: 成功を祈る!

投稿者 : なごやん

コメントNo. : 3265

かにさんへ
nonさん、ジンさんから滑りのアドバイスもらってますね!
なごやんかーちゃんはおせっかいながら大昔に『母と子のスケート教室』でならった極意を教えて進ぜよう~

転ぶのを恐れていては上達しません。でも真央ちゃんも言っていますが、”転倒は体力を消耗”します。できれば効率よく起き上がりたいですね。
まず、お尻をついて体育座りのようなポーズでリンクに座ってみます。ま、どんな格好でもいいんですが・・・
次に片膝を立てたポーズをとりに行きます。真央ちゃんが『オズの魔法使い』の途中で考え込むようにリンクに膝をついてたあのポーズを思い出してください。体育座り→四つん這い→片膝立ち、など、順番はなんでもいいです。
次に、立てた片膝の上に両手を置き、そこに全体重をかけるようにして真っ直ぐ天井に向かって立ち上がります。肝心なのは立ててない方の足に余計な力を入れたりその足も立たせようとかジタバタしないこと。あくまでも力をいれるのは片膝立ちの足、両手でぐっと押さえるようにして真上にすくっと!
試してみてください。滑る前にこれを何回か練習しておくとずいぶん違いますよ。

それからスケート靴は足のサイズに合ったものを選び、紐は面倒でも下からほぐしてキリ!キリ!ときつく絞りあげます。(ただし、程度問題であまり締めすぎると血行が悪くなってしまうので要注意)靴の中で足が動くとブレードの上にしっかり乗れないのでバランスがくずれ力ばかり入って上手に滑ることができません。スケートの先生の話ですが、足首より上は少しゆるくして曲げ伸ばしが十分できるようにする必要があるとか。靴下もスキーは厚手のものを履くようですが、スケートはあまり厚くないものの方がいいみたいです。

ジンさんが説明されてる通り、滑る時には”足を前に出す”のではなく”踵で氷を押す”という感覚かなあ。

なごやん ★- | URL | 2009年01月17日(Sat)22:03 [EDIT]

タイトル: ジンさん、すみません

投稿者 : かにばうあー

コメントNo. : 3266

一箇所、「さん」付けるの忘れてしまい、修正しました
もし、修正前のを読んでいたら。すみませんですm(__)m

かにばうあー ★qnZAR.iQ | URL | 2009年01月17日(Sat)22:04 [EDIT]

タイトル: 瞬間1分差投稿に(@@)

投稿者 : かにばうあー

コメントNo. : 3268

なごやんさん
ジンさんへの投稿のあと、なごやんさんの投稿が表示され、ビビリました!
「極意」ありがとうございますm(__)m
>踵で氷を押す
ですね!
「極意」色々実践してみます!!!

皆様、ありがとうございましたm(__)m

皆様、来週のユーロ楽しみでーす♪

かにばうあー ★qnZAR.iQ | URL | 2009年01月18日(Sun)00:25 [EDIT]

タイトル: コーチありがとうございますm(__)m

投稿者 : かにばうあー

コメントNo. : 3276

nonさん、ジンさん、なごやんさん
アドバイス頂き!大感謝であります!
上達しましたぁ~↑\(^o^)/\(^o^)/
今日はリンクで1時間滑ってきました!
最初、上手くいかなかったのですが、二人共に上達致しました!
10点満点評価で前回から
僕は2→4
妻は4→6
得点UP!!!

正しい滑り方、など色々教えて頂き。。スケーティング技術が向上致しました^^;ゝ
コーチの皆様ありがとうございましたm(__)m

沢山書きたい事があるのですが、整理してコーチに再度報告致します^^ゝ
ありがとうございましたm(__)m

かにばうあー ★qnZAR.iQ | URL | 2009年01月18日(Sun)20:42 [EDIT]

タイトル: スケート!

投稿者 : non

コメントNo. : 3277

かにばうあーさん、よかったですね!!!

スケートは滑っているだけでも楽しい~!!

non ★/Igety2I | URL | 2009年01月18日(Sun)22:00 [EDIT]

タイトル: かにばうあーさんへ

投稿者 : ジン

コメントNo. : 3281

練習して上達するのが判るのって本当に嬉しいし楽しいんですよね~
そのうちシングルジャンブメット付けて遊びでも跳んでみてください(^_-)

ジン ★TY.N/4k. | URL | 2009年01月19日(Mon)01:01 [EDIT]

タイトル: ありがとうございまーす♪♪♪♪

投稿者 : かにばうあー

コメントNo. : 3304

妻の感想は上達し「スケート楽しい~♪」
僕の感想は、まだ恐怖心があり、滑っている最中は「楽しい~♪」の域には行けませんでした
僕はv(~_~;)vとなりながらの滑りでした

10段階評価で6まで行くと「楽しい~♪」になるかも知れません
上達嬉しいです♪皆様のおかげであります^^ゝ
真央ちゃん位になると本当に楽しいでしょうね!
08/09 タンゴ(EX)をみると本当に自由な演技で、見ていてわーい\(^o^)/となります

上手く説明出来ないのですが、、
少し書くと僕の場合、重心がエッジ?ブレード?に乗らないで不安定で・・(乗ったり乗らなかったり??)
怖いので体が硬くなってしまい・・ヘッピリ腰に・・
でも、だんだんコツを少しずつ掴むにつれ、体の力も少し抜けて・・滑り易くなりました。
「技術と心身」がシンクロしているのかも知れません・・

なごやんさん♪(妻が紐結びの時に・・なごやんさんがえーっととか)
あのあの、名前は・・駄目口チャック!「!」と言いました^^;
紐の結び方まで教えて頂き感謝です
前回は紐をキツク締めすぎていました。なので痛くて痛くて(>o<)だったのですが・・
今回は参考させて頂き上手く調節出来ました!

ジンさーん♪(妻がリンクで、ジンさーん♪の「かかと」わかったぁ~っと大はしゃぎ^^;)
あのあのあの、こんな所で名前呼んだら駄目!っと「!」と言っておきました^^;
今のところ、「止まり方」は自然失速か、リンクサイドに向かって「激突停止」であります^^;ゝ
でもまだ、nonさん、ジンさん、なごやんさんのアドバイス通りには体が対応出来なく・・
これは、場数を踏まないと駄目と思いました

nonさん♪
>他に詳しい方、宜しくお願い致します。
に涙でした(ToT)
ハの逆、ガニマタ方向を意識して滑りました!
お名前、のんのんさんに変更ですね(^_-)

また、日曜日に行こうと思ってます^^ゝ

コーチの皆さん本当に有難うございましたm(__)m

ちょっと、書き過ぎて怒られそうなで、今週はこれにて「短い休暇届けf^^;」他スレッド色々情報意見などなど、ありがとうございまーす。真央ちゃんスレッドの件お願いしまーす♪
過去の事もあるので・・>_<;

かにばうあー ★qnZAR.iQ | URL | 2009年01月20日(Tue)17:44 [EDIT]

タイトル: スケーティング技術(止まり方編)^^:

投稿者 : かにばうあー

コメントNo. : 3326

>前方をイン
>後方をアウトで氷にくい込ませると綺麗に止まることができますが
>もっと簡単なのは
>かかとを外側にずらしてハの字にすると止まります。

>とまるときはジンさんも書いていたけれど、足を「ハ」の形です。

ジンさん、のんのんさん、なごやんさん
「ハ」の形ですね(^_-)-☆
スケーティング技術(滑り方)は妻に読んでもらって、教えてもらってるんですよ~f^^;
(教えて頂いたコメントは永久保存版であります^^ゝ)
僕、頭使うと(~o~)になってしまうので・・

>私も言葉が足りなかったかもしれないです。。
いえ、僕の頭が足りてなかったであります^^ゝ

ユーロ・全米が終わるまで、ロビー少し休もうかと思っていまーす(まだ、ユーロ男子も観てませんf^^;&PC直さないと!)
地上波が苦手な僕としては、、楽しみです♪
なので、外国人選手スレッド見ていません^^;コメント見たいよ~我慢!>_<
僕の休むはあてになりませんが・・>_<;
(^^)/

かにばうあー ★qnZAR.iQ | URL | 2009年01月23日(Fri)18:49 [EDIT]

タイトル: ステップアップバージョン(^_-)

投稿者 : ジン

コメントNo. : 3331

かにばうあーさん
順調に進歩しているみたいですね~☆
普通に自力滑走できるようになったみたいですし
団体で滑りに行ってたまには童心にかえって鬼ごっことか結構楽しいですよ(笑)
ステップアップバージョンとしてかかとの感覚が掴めれば

左と右の傾き(重心が真ん中)状態を
常に滑り足を重心に持ってくるようにすると
スピードアップしますよ

またバックでは
かかとの感覚の逆
つま先の親指に力を入れて膝を曲げると後ろに滑ります。
つまりフォアでの
かかとの感覚が分からないと後ろに進む事は全く無理になってしまいます。

通常は無意識に多分フラットで滑ってますが
(ロングエッジ問題の)インとアウトを使用すると円が描けます。
正にフィギュアスケートですね~(^O^)
例えば
LFOだと左カーブ
RFOだと右カーブ

LFOから左カーブにのってターンしてLBI
これがスリーターンです

出来なくても
そう考えて滑れるようになってくると
選手の滑りの凄さと技の難しさが
スケート自体何となく身近なものに感じられて
楽しさも倍増しますよ!

ジン ★TY.N/4k. | URL | 2009年01月24日(Sat)20:17 [EDIT]

タイトル: のび太君(~o~)

投稿者 : かにばうあー

コメントNo. : 3350

コーチ(~~)/
風邪です38℃超えです(~~)
ユーロ・全米も録画トラブルで(~~)

ジンさん、ありがとうございまーす♪
お返事&レポートを書きたいのですが・・

コーチ、ちょっと休みまーす(~~)/
皆様の投稿をまだ読めてないであります~~ゝ

コッコさん(^^)/

かにばうあー ★qnZAR.iQ | URL | 2009年01月28日(Wed)14:05 [EDIT]

タイトル: かにさん、私も滑りたくなってきました!

投稿者 : コッコ

コメントNo. : 3352

最後に滑ったのは十代。
楽しかったのを今でも覚えています。

かにさんの奮闘を読んでいると、初めて滑ったときのことがつい昨日のよう。
見よう見まねで氷の上に乗ったとたんひっくり返ったのも、そこは向こう見ずの若さ、ものともせず、こつを覚えてどんどん前に進めるようになるのがうれしくて楽しくて、汗びっしょりでリンクを回り続けたこと、懐かしい思い出です。止まるときは壁に激突型でした!!!
ジンさんの指南で、なんだか眠っていたものが起き出したように滑りたくなってきましたが、受身が柔軟にできる年齢ではないことに気付かされ、悲しい・・。
かにさん、いっぱいいっぱい楽しんで~。風邪お大事に・・。

コッコ ★- | URL | 2009年01月28日(Wed)16:28 [EDIT]

タイトル:

投稿者 : ジン

コメントNo. : 3365

コッコさん
そんな事はないですよ~
久々に滑ってみるのも
楽しいですよきっと!!!(^O^)
それと不思議なことに
好きな事って練習すると
ある程度は上達するんですよね~☆本当に

かにばうあーさん
復活されましたか~?
またスケート楽しんできてくださ~い

最近は忙しくて中々行けないんですけど
僕もまた滑りに行きたいと思ってます。(^_-)

ジン ★TY.N/4k. | URL | 2009年01月30日(Fri)00:56 [EDIT]

タイトル:

投稿者 : かにばうあー

コメントNo. : 3387

コーチ~~/
高熱は下がったのですが。。37℃&鼻水、クシャミががが(~~)
クシャミは4連続成功であります^^/

なので、本日はスケートは休みました
でも、妻は一人で行きましたであります^^ゝ

ジンさん
ステップアップバージョンはまだまだでありますが、今シーズン中にチャレンジしたいと思います^^ゝ2010年バンクーバーに向けて(^O^)/
>選手の滑りの凄さと技の難しさが
>スケート自体何となく身近なものに感じられて
>楽しさも倍増しますよ!

これは、凄く感じますよ~♪

なごやんさん
ユーロ男子で、スペインの選手が靴紐がほどけてしまった様で演技を中断する場面があり、なごやんさんが浮かびました^^;
『母と子のスケート教室』がんばりマオ(^O^)/であります^^ゝ

毎週日曜日はスケートの日にしました^^ゝ

※放送で、演技を中断した場合、3分で再開しないと駄目な様な事も言われてました。あと、コルピ選手もフェンスに激突してしまい演技中断。演技中断は減点2と言っていた様な。一応、放送からの情報^^ゝ

PS
>かかとを外側にずらしてハの字にすると止まります(ジンさん)
先週は左足を「外側にずらして」「へ」!と言う感じで止まれましたであります^^ゝ
文章なので表現が難しいです・・
コーチ陣のアドバイスに心身のイメージ(?)が。。まだ追いついていなくて^^;
とにかく、スケート上手になりたいです^^ゝ
m(__)m
(^^)/

かにばうあー ★qnZAR.iQ | URL | 2009年02月01日(Sun)19:50 [EDIT]

タイトル: 演技中断減点2

投稿者 : なごやん

コメントNo. : 3388

>演技を中断した場合、3分で再開しないと駄目な様な事も言われてました。あと、コルピ選手もフェンスに激突してしまい演技中断。演技中断は減点2と言っていた様な。

かにさん、なごやんかーちゃんもKiiraちゃんの欧州選手権の転倒→激突→演技中断→再開、から、初めて『減点2』を知りましたわ!
FSの冒頭転倒ってワールドの時の真央ちゃんみたいって思いましたが、でも真央ちゃんは中断せずに続行、Kiiraちゃんは中断した。この選択(決断)の違いはなんだべ?という疑問。あの時のことを聞かれると真央ちゃんは一貫して、”曲がかかってたので、あ、行かなきゃって”と答えてます。真央ちゃんの本にもそのように書かれているので、あの時彼女の頭の中には『中断』ということは浮かばなかったようだ。”立たなきゃ、立てるかな?立ってみたら、あ、大丈夫”だから、続けた。Kiiraちゃんは大丈夫って思えなかったので中断したのではないかと?推測ですけど。
じゃあ中断と続行とどちらの決断が適切なんだろうと。
真央ちゃんの場合、もし中断してなおかつ再開まで3分経過してしまっていたら『-2』がつき、結果としてKostner選手を逆転することがわずかながら及ばず2位となっていました。でもそんなことはあの転倒の時にわかるはずもなく、”曲がかかってる、行かなきゃ!”と浅田真央を立たせたもの、それは真央ちゃんについている勝利の女神だろうと、私は一人納得してしまったのであります。

かにちゃん、引用させてもらってありがとね。(^O^)/

なごやん ★- | URL | 2009年02月01日(Sun)23:47 [EDIT]

タイトル: 蛇足

投稿者 : なごやん

コメントNo. : 3390

↑Kiiraちゃんが転倒したFSの動画ですが私が見たのは例の動画サイトで解説はロシア語でした。ロシア語はわかりませんが、転倒した時に、”おい、おい、おい。。。”とか”およ、およ、”と言ってるように聞こえました。洋の東西を問わず、なんか、思わず出る言葉って似てるような。

なごやん ★- | URL | 2009年02月02日(Mon)00:15 [EDIT]

タイトル: 誤解が気になる・・&スケーティング技術(受身編)^^;

投稿者 : かにばうあー

コメントNo. : 3397

僕はディレイ(遅れて)投稿であります^^;
↑投稿読んでますからね~♪
お返事書きたいのですが・・f^^;
内容スルーしている訳ではないですからね~
皆さんの投稿も☆

気にし過ぎかな・・(?_?)""f^^;

あと、僕スケーティング技術^^;で、転びそうになったら。。早めに転ぶ方が良い事が分かりました!
ギリギリまで、踏ん張ると・・瞬時に受身が出来なくて・・と言っても「受身の技術」があるのか、ないのかも分かりませんが・・
スケーティング技術(受身編)とかあるんですかね・・^^;

転ぶ、起き上がる。。起き上がり方はなごやんさんコーチに師事して頂いたのですが☆

柔道の受身は学校で習ったのですが。。^^;

(^^)/

PS
文章だけの世界なので、、気にし過ぎないで行きましょう(^O^)/~~
と思う、かにちゃんであります^^ゝ
個人的には書き過ぎて怒られトラウマがあるので・・この辺で・・ブレーキ!>_<;

かにばうあー ★qnZAR.iQ | URL | 2009年02月02日(Mon)16:05 [EDIT]

タイトル:

投稿者 : かにばうあー

コメントNo. : 4772

ステップシークエンスのジャッジ現場(意訳してみました^^;)
トップ選手の複雑なステップシークエンスに関しては、技術審判委員は一人では難しいので手分けをして見ています
エッジワーク・上体の動きなど。。(それでも難しいケースでは、通常スピードで再生映像で見る場合もあります)
それほど複雑ではないステップシークエンスの場合は、一人で見れる場合が多いです
by 某元経験者!?(net匿名)

^^/

かにばうあー ★qnZAR.iQ | URL | 2009年07月17日(Fri)16:15 [EDIT]

タイトル: 滑ってみて分かったこと・分からないこと

投稿者 : nana

コメントNo. : 5097

最近?スケートに行き始めました。
本とDVDを見ながらやってるんですが、
重心を置く場所が、滑る足の土踏まず(中心)より、前か後ろか、
で滑る向きが変わるんですが、
前に進みたい時は、土踏まずより後ろに重心を置くんですよね。
後ろに滑る時は土踏まずより前のほうに。
それがすごく不思議なのです。
(重心が)後ろに下がる?のに前に進む。
みなさんは知ってましたか?私は滑って初めて気づきました。

そう思ってこのスレを読み返してみると、かにさんへの
スケートアドバイスでジンさん等が指摘していますね。
その時はあまり具体的にイメージして読んでいなかったので
何とも思わなかったのですが、、、。

前に佐野稔さんが小塚君の滑りを見て、「こんなふうに膝を深く曲げた状態を「保つ」のが大事なんです。なかなかできませんけどね~」と言っていました。私は膝を曲げ伸ばしするのが大事と受け取っていたんですが、今思うと曲げた状態をキープすること、なんだなと思います。膝を深く曲げると足首も深く曲がって、直立よりも滑る足の重心がかかってる部分に、より多く力がかかって、推進力になるんだろうなあと。

実際、膝を曲げて重心を落として滑ると自然とスピードが出た気がします。

ブレードが横から見て緩い弧を描いているからのような気が
するんですが、それでなぜ、「後ろに乗って前に進む」のか頭で理解できず、
もやもやして滑っています。
前に進もうと思うとつい前のめりがち(前重心)になってしまって
ブレーキがかかってしまうことがよくあります。
「後ろに乗って前に進む」からくりが分かる方がいたら教えて下さい。

nana ★MDMkRtpI | URL | 2009年09月19日(Sat)20:44 [EDIT]

タイトル: 山形より

投稿者 : おっさん37

コメントNo. : 5098

 今、連休を利用して旅行中でして、山形市内のとあるネットカフェより、こちらのロビーにお邪魔しています。
 
 nanaさんへ
 前進、後進時のブレードにかける荷重のお話、私なりに考えてみました。これは物理学のお話になっちゃいますね。
 私はスケートは幼少の頃に何回かと、中学生くらいに1回しかしていませんので、全てこれから申すことは、頭の中だけで考えた推論に過ぎないことをまずもって断っておきます。

 まず、進むより先に、バランスを維持しているには、というところから考えてみました。
 当たり前の事になってしまうかもしれませんが、バランスを維持して、つまり転ばずに立っているには、重心が物体の中心を維持していなければいけない。
 普通の地面で歩いたり走ったりするには、当然、倒れないように歩いたり走ったりするわけです。
 その時、順序としてまず、上体を少し前かがみにして重心をわざと前にずらします。
 このままでは前に倒れてしまうので、自然に足が後ろに向かって蹴り上げて、足を前に出す動作が加わることで、結果的に倒れることなく体全体が前に進む。
 しかし、抵抗が極めて小さい氷上では、ブレードを横向きにして、さらにインに倒して蹴らないと地面と同じようには進みません。これも言うまでもないことです。
 ところが、フィギュアスケートにおいて、この動きによる推進は全く評価されません。
 ではどうするか。
 
 前に進むとき、上体を前にやや倒すことで、重心を前にずらすことまでは同じ。
 問題はそのずれを利用して前に進む方法論が違います。
 その方法論は、スキーのウェーデルという滑りに近いと思います。
 かかとに荷重を加えると、ブレードが前に押し出されるようになり、抵抗が極めて少ないので、腰から下は、足の根元を支点として、足全体が前方から上に向かって回転しようとします。
 上体とのバランスを無視して直立したままかかとに荷重をかけると、そのまま足が前に抜けるように、後ろに転倒してしまいます。
 しかし、あらかじめ上体の重心を前に傾けていることで、バランスが生まれ、重心を追うように足が前に進みます。

 ウェーデルの動きは、上体を一定の傾きで維持しながら、腰から下を後ろから右に半円を描き、さらに連動して一瞬体の真下あたりに来た足を後ろに持っていってまた左の方で半円を描き、という動きの繰り返しですが、やはり半円を描く直前にかかとに体重をのせて、スキーが前に押し出される動きが必要になります。
 クロスカントリー以外の、いわゆるアルペンスキーは傾斜を利用して前進するので、普通に滑降する際は、土踏まずあたりに体重を維持するだけで前に進みますが、スケートの場合は平らな所で滑るので、重心を前に倒しつつ、ブレードを後ろから押す、という動作の連携が必要なわけですね。
 その押す、という動作が、かかとに荷重を加える、ということなんだと思います。

 ここでわからなくなるのが、後ろに進むとき。
 後ろに進むときだからといって、上体を後ろに倒すわけではないですよね。
 しかし、スピードに乗ってから、その慣性のまま進んでいるときは別として、積極的に後ろに進む動作をする時は、必ず、大きく腰を後ろに突き出して、やはり重心を後ろにかけています。
 その動作と、ブレードのつま先の方に荷重を加えることにより、ブレードを後ろに押し出す動きとの連携で、やはり後進しているのだと考えます。

 あくまでも頭の中だけで考えた意見でして、かなり疑わしいですが、私なりに考えた結果行き着いた結論です。
 良かったら、異論反論オブジェクション、お願いします。

おっさん37 ★- | URL | 2009年09月20日(Sun)01:06 [EDIT]

タイトル: なるほど~

投稿者 : nana

コメントNo. : 5099

おっさんさん
旅先からありがとうございます。
ウェーデル(カービングスキー以前の板で行うショートターン。?)の動きは
まだよく飲み込めていないのですが、
つまり後ろに体重を乗せると後ろにひっくり返りそうになる=前に足が出る
=前に進む それを、後ろにひっくり返らない程度に行っている、という内容でしょうか。
なんとなく、それで納得しています。

今回の質問を受けて、考えていただいたんでしょうか?
それともスケートを見ながらそういう疑問を以前からお持ちで
独自に考えてこられたんでしょうか。

今度滑るときに、この仕組みを想像しながら滑ってみます。
ありがとうございました^^


nana ★MDMkRtpI | URL | 2009年09月20日(Sun)20:45 [EDIT]

タイトル: nanaさん

投稿者 : おっさん37

コメントNo. : 5101

>今回の質問を受けて、考えていただいたんでしょうか?
それともスケートを見ながらそういう疑問を以前からお持ちで独自に考えてこられたんでしょうか。<

↑前者でしょうね。
 これまでさほど疑問に思った、ということもなく来ました。
 考えるきっかけを与えてくださってありがとうございます。

おっさん37 ★- | URL | 2009年09月21日(Mon)01:43 [EDIT]

タイトル: おっさんさん

投稿者 : nana

コメントNo. : 5107

あまりにすんなり詳しく書いていただいたので
もともとあった考えなのかと思いました!
それと、同じような疑問を持つ人が他にもいたのかぁ、
と勝手に少し安心していたところです。

突飛?な質問に、考えて+丁寧に文字にしていただいて
ありがとうございました。
分かりやすかったです。

旅行楽しんで下さいね~★

nana ★MDMkRtpI | URL | 2009年09月21日(Mon)23:24 [EDIT]

タイトル: TRについてイナバウアー→「久」^^

投稿者 : かにばうあー

コメントNo. : 7503

TRはエレメンツ以外のフリースケーティングだと思います

荒川静香さんの「レイバックイナバウアー」がまさにTRでは?と思います(^^;ゞ

かにばうあー ★qnZAR.iQ | URL | 2010年03月05日(Fri)18:35 [EDIT]

タイトル: ブレードの荷重について

投稿者 : coco

コメントNo. : 7508

突然横レス失礼いたします。
nanaさま おっさん37さま はじめまして。

おふたりの投稿、大変興味深く拝見いたしました。

もう終わった話題かもしれませんが、話を続けてよろしいでしょうか。

たしか1年ほど前だと思います。
某ニュース番組で、日本のスピードスケート界の取材がありました。
そのなかで興味深かったのが、このブレードの荷重の話でした。

数年前から日本スピードスケート界は韓国からコーチを招いて
指導を受けるようになったそうですが
韓国でのブレードの荷重の置き方は、日本よりも「かかと寄り」なのだそうです。

かかとに重心を置くということは 「自重を最大限利用できる」=「加速に繋がる」
と言うことで、韓国のスピスケ界では常識だそうです。

韓国のスピードスケートはご存じの通り、今や世界一のレベルを誇っています。
当然コーチはそのやり方を押し通したそうですが、
ほんの少し後ろに重心を移動するといっても、
そのやり方に慣れていない日本選手にとっては、口で言うほど容易くなく、
全身の筋肉の使い方まで違ってきてしまうため
当初1年間ぐらい成績がガタ落ちになってしまったそうです。
そのことが原因でコーチとぎくしゃくした選手もいたとか・・。

それでも徐々にタイムが出て、コーチとの信頼関係が出てきた・・とかそんな取材でした。

その時にふと思ったのがフィギュアのスケーティングスキルです。
スピードスケートとは滑り方が全く違いますが、
重心の考え方には共通するものがありそうです。

フィギュアではSSの高い選手ほど、スピードがありますよね。
よく、「一蹴りでぐいーーんと伸びる」という表現がなされますが
その秘訣はエッジワークのみならず、
重心コントロールにも関係が深そうな気がします。

膝が柔らかい(&深く腰を落とせる)選手にSSが高い選手が多いのも
低重心の体勢が維持しやすく、前後の重心移動も巧い(=スピードコントロールが巧い)
ってことではないかな~と思いました。

ちなみに滑走の際の重心が絶えず前傾気味だったり、
膝の屈伸が使えない選手は、SSが低い傾向にあるような気がしています。

あくまでも私の推論ですので、間違っていたらどなたかご指摘いただけると幸いです。





coco ★xzNtApxo | URL | 2010年03月06日(Sat)00:59 [EDIT]

タイトル: cocoさん

投稿者 : おっさん37

コメントNo. : 7514

 半年も前の書き込みのことを触れていただきありがとうございます。自分の中ではもっともっと昔に書いたような気がしたのですが、案外最近のことでした。
 
 韓国のスピードスケート界の躍進振りは確かに素晴らしいですよね。フィギュアとショートトラックも含めて、スケート界を席巻していく勢いがあります。
 cocoさんの書き込みを見て、「かかと寄り」の荷重の加え方をしていること、初めて知りました。こちらこそ興味深く読ませていただきました。

 フィギュアスケートのキム・ヨナ選手が、非常にスピードの維持が上手なのはご存知だと思いますが、私は彼女のブレードの形状にその大きな要因があると思っています。もちろん、私が気が付いたわけではなく、或るスジの受け売りに近い話ですが。
 彼女のブレードの形状は、他の有力選手と比較して、極端にトウの方が上方に反り上がっています。これによって、前後の体重移動による加速や速度維持がしやすくなっているのではないかと思われます。
 ただし、この形状を使いこなすのは非常に困難らしく、ジャンプの着氷がよほど安定していないと、転倒のリスクがかなり増すそうです。

 余談ですが、よく彼女の3ルッツー3トウの、セカンドジャンプである3トウが、回転不足を見逃され勝ちである、という話がありますが、その原因のひとつがこのブレードの形状にあると思っています。
 ジャンプの着氷は、程度の差こそあれ、大概つまさきの方から氷をソフトに捕らえようと降りてきます。その際、普通の形状のブレードだと、トウピックが氷に少しは引っかかったり、着氷の瞬間エッジをどうしても極端に使ってしまって、削った氷のしぶきが上がるものですが、彼女の着氷は、氷のしぶきがほとんどあがりません。着氷から1/8~1/6回転くらいして初めてエッジによってしぶきが上がります。
 これは、必ずしも前半分が反り上がっていることだけが原因かどうかは不明ですが、少なくとも着氷が困難なブレードを上手く使いこなしてソフトな降り方が出来るわけですから、やはり技術的に大したもんだと思います。その事が、着氷後の流れを失わない事に繋がっているのも言葉にするまでもない事だと思います。

 彼女に続く韓国の選手も出て来ており、これからは脈々と彼女の経験が受け継がれていくことでしょう。
 そして、彼女が使っているブレードの形状を使いこなす選手が、新採点法時代を制する選手なのだろうという気がします。

 ちなみに、P.チャン選手も確か似たタイプのブレードだった気がしますが、記憶違いでしたらごめんなさい。

おっさん37 ★bvh3BE.. | URL | 2010年03月06日(Sat)16:06 [EDIT]

タイトル: おっさん37さま

投稿者 : coco

コメントNo. : 7521

半年前の投稿とは気づかず、えらくタイミングのズレた投稿にご丁寧なレスをいただき、
有り難うございましたm(__)m

ブレードの形状とSSの関係についてのお話、大変納得させられました。

手元にある「バンクーバーオリンピック フィギュアスケートガイド」という本にも、
おっさん37様と同様の記述がありました。

それによるとヨナは「ゴールドシール」というブレードだそうです。
特徴は先端のギザギザが小さく、ジャンプ向きとは言い難いけれども
底が流線型なので氷の接点が小さく、繊細なエッジワークに向くとのこと(抜粋で恐縮です)。

おおせの通り、トウの部分が小さく、若干上向きなので、
ジャンプ着氷のひっかかりが他の形状よりソフトなのでしょう。
個人的には「底が流線型」ということも、前後の重心移動がスムーズに行え
着氷の伸びが出易いと思います。
ジャンプが成功した時のヨナの着氷は、すごく「伸びる」んですよね。
ブレードの形状が、ジャンプの加点に貢献しているように思います。

ちなみにヨナと同じブレードを使っている選手は、チャン、小塚、ライザなど。
小塚、チャンはもともとエッジワークが光る選手なので、
その魅力を最大限生かせるブレードを選んでいるのだと思います。

新採点方式の申し子と言われる チャン、小塚、そしてOPの男女金メダリストが、
同じブレードというのも、何か関連性があるのでしょうか。

ところで「ゴールドシール」の特徴と対照的?なのが「パターン99」
真央ちゃんやランビエールが使用しているブレードです。
このブレードは、トウが大きくジャンプの踏み切りがし易い反面、
スピンやステップでトウが氷に引っかかりやすい難点があるとか。

「世界一のスピナー」のランビエールには向かない気がしますが、
ジャンプの弱点(特に3A?)を補う為に必要なブレード形状なのかもしれません。

一方、3Aを最大の武器とする真央ちゃんがこのブレードを選ぶのは必然でしょう。
でも、もしこのトウの形状がもう少し上向きだったら・・・
バンクーバーFSでの痛恨のパンクミスは起こらなかったかも・・と、思ってしまいました。
(と言うのは、あくまでも「タラレバ」に過ぎず、
どのブレード形状にも等しく、氷上の「落とし穴」のリスクは存在すると思います)

それにしてもこのブレードを用いて、驚異的な切り返しのステップを駆使し
Lv4を取れる真央ちゃんは、やはり並外れたSSの持ち主だと思います。

さて、小塚・チャンと並んでエッジワークに定評がある高橋のブレードは
「ファントム」というものでした。(ネーミングが奇遇)
「パターン99」と同様、トウが大きくジャンプ力を引き出すタイプです。
写真で見ると他のブレードよりトウの先端が尖っています。
ジャンプの踏切には良さそうですが着氷が難しそうです。
彼のジャンプの着氷がひっかけ気味なのも、そこらへんが関係している気がします。

とはいえ、どんなブレードにも一長一短があり、
ブレードの長所を最大限引き出すことが出来るか否かは、選手のSS能力に依るのでしょうね。

最期に、もうひとつ私が注目したのは
「最近パラボリックという形のブレードを使い、こっそり技術アップしている若手スケーターがいる」という記述。
それは一般のブレードに比べ前後の厚みが太く、真ん中が薄い形状になっているそうです。
利点は「前後の体重移動がしやすい。そのためフットワークが上達したり、スピンを速く回れたり、ジャンプで力を入れずに美しく飛び上がれる」こと。
さらに興味深いことに、そのブレードを使用している選手がバンクーバーまでの間に大躍進をとげた フラット、チャン、アボット、ポンセロ ということ。
今井遙さんも使用しているそうです。彼女も今季注目を浴びる存在になりました。

今後はこのパラボリックタイプが表彰台を席捲する??と書かれておりました。

ブレードの形状を選別することから、勝負は始まっているのですね!

以上、本の受け売りばかりで長々と、失礼いたしました

coco ★xzNtApxo | URL | 2010年03月07日(Sun)14:28 [EDIT]

タイトル: cocoさん

投稿者 : おっさん37

コメントNo. : 7525

 すごくお詳しいですね。私の方こそかえって勉強させられました。各ブレードは、うっすらとした記憶の中で、知っていることは知っているのですが、なるほど、これからはパラボリックタイプの時代が来るのですか。
 私は個人的にかにばうあーさんと親交があるのですが、そういえば彼もそういった事をちょっと前におっしゃっていた気がします。
 確かに今井遥選手、フラット選手、アボット選手などは、ここ1,2シーズン、スケーティングが非常に良くなりましたよね。
 特に私は今井選手には驚いているんです。

 女子のジュニア世代の中で、村上佳菜子選手以外の躍進がなかなか見られず最近やきもきしていたのですが、上品で変な癖が無いのだけれど、あまり目立つところもなかった今井選手が、今シーズンの滑りは別人のように目立っていましたからね。
 来シーズンはひょっとしたら全日本で表彰台を狙う立場になるかも知れないと、わくわくしています。

 今後とも色々教えてください。よろしくお願いします。

おっさん37 ★bvh3BE.. | URL | 2010年03月07日(Sun)21:34 [EDIT]

タイトル: cocoさん、パラボリックですね!覚えました。

投稿者 : コッコ

コメントNo. : 7527

テレビでもブレードについて
取り上げてました。
選手個々に研ぎ方が違うって。
日本人の砥ぎ師?磨ぎ師?さんが
オリンピックにも同行。
真央ちゃんのも、ヨナちゃんのも
任されてるとかで、現地でも常に居場所報告しなくてはならないとか、ひっぱりだこみたいで、

「おいっ!?」って思いました。

何でライバルのまで磨ぐのよって
私は心が狭いのかな??

優秀な研ぎ師さんがいる日本。
日本人選手のための
メイドインジャパンのブレードの開発なんて
しないのでしょうか?それこそ最高のができそうなのに。

まあ、どんなに凄いブレードが開発されても
みんなが使うようになったら同じことですけど(笑)

いいものは先に使いこなした者勝ちってことでしょうか。
勉強になりました。

コッコ ★63XikSCQ | URL | 2010年03月07日(Sun)23:28 [EDIT]

タイトル: 追記・補足

投稿者 : coco

コメントNo. : 7533

おっさん37様 

>上品で変な癖が無いのだけれど、あまり目立つところもなかった今井選手が、今シーズンの滑りは別人のように目立っていましたからね

私も今季の彼女の成長ぶりにはびっくりしました。
失礼ですが村上さんに比べると、そんなに特徴がある選手では無いと思っていたのです・・
でも全日本での活躍とEXで、彼女に対する印象が一変しました。
パラボリックブレードが彼女の身体表現の幅を広げたのかもしれませんが、内面がにじみ出てくるような演技でした。
彼女は技術とともにフィギュアに欠かせない大切なものを手に入れつつあるのかもしれません。
村上さんといい今井さんといい、今の若手はシニア顔負けの表現をする選手が多く今後も楽しみです。

さて、私は専ら雑誌や本からの浅薄な知識しかないので、こちらで時々、博学な皆さまの投稿を読み勉強させていただいてます。お詳しい方が多くとても為になります。
こちらこそ今後もよろしくお願いします。


コッコさま
こんにちは。

>日本人選手のための
メイドインジャパンのブレードの開発

面白い発想ですね。
誰かのコメントで、アジア人は足や骨盤の形がフィギュアに向いていると言ってました。
たしかに現在のペアやシングルの状況を見れば、その説にも一理ありそうです。
靴はメイドインジャパン製があるそうなので、ブレードもアジア人の骨格に合ったものを研究・開発すれば、ますますアジア勢優位になるかもしれませんね!
(でも個人的には欧州勢にも頑張ってもらいたいのです・笑)



ところで、先日ランビエールのブレード「パターン99」について書きましたが、
昨年雑誌のインタビュウでランビエールがブレードについて語っているのを見つけましたので(またしても本の受け売りですが)ご紹介させていただきます。

彼は07年の新潟でのアイスショーで来日した際、ロストバゲッジで靴を無くし、ペトレンコに借りて出演したそうです。そのブレードが「ゴールドシール」だったそうです。
彼は12年間「パターン99」を使用していたのですが、「ゴールドシールのほうがアクセルに良い」と思い込み、替えてしまった。
それがその後の彼の3アクセルの不調、怪我に繋がってしまったと語っていました・・・。

ちょうどそのインタビュー記事に並び、ランビエールのコーチ、グリュッター氏へのインタビューもあって、そこでも「ステファンはパターン99でうまくいってたのに、日本のショーから帰ってきてからゴールドシールに替えてしまった。でも本当は彼にとってはよくないブレードで、そのせいでアクセルに問題が起きてしまった。私は何度も言ったんだけど。」(中略)

結局、彼は昨季復帰する直前に「パターン99」に戻すことにしたそうです。
戻すタイミングが遅すぎたのか、OPでもやっぱり3Aは不調のままでしたが。

2年前ランビエールがアイスショーで靴を借りなければ・・・タラレバですけど怪我もなく無事現役を続けていたのでしょうか。

グリュッター氏が2つのブレードの違いについて下記のように語っています。
「ゴールドシールはトウが氷にひっかかるポイントが来るタイミングがちょっと遅い。パターン99はすぐにポイントが来る。ゴールドシールのほうがより踏み込む形になる。彼はアクセルの踏切が得意じゃないから、深く踏み込まなきゃならないと、さらに難しくなるんです」

個人的には、ブレードのトウの形状の違いで、これほどジャンプに影響が出るとは・・。

ブレードの選択を誤ると、勝敗のみならず怪我・選手生命まで影響を及ぼす可能性もあるのですね。

なんだかステップ・スケーティングスキルのトピックから話題がすっかり遠のいてしまいまして失礼いたしました!!

coco ★xzNtApxo | URL | 2010年03月08日(Mon)12:57 [EDIT]

タイトル:

投稿者 : nana

コメントNo. : 7576

cocoさん
はじめまして。話を膨らませていただいてありがとうございます。
横レスwelcome ^^ 雑誌も最近はあまり買っていないので、本の受け売り助かります(笑)

最初に「重心」という言葉について。私自身上の質問でなんとなくいろんな意味で使ってしまっていますが、最近見たサイトでは重心はあくまで体全体の「重心」(普段はおへその少し下くらいとか)で、スケート時に前進ならかかと側に荷重するとかいう荷重ポイントのことは「支点」とそのサイトでは表現していました。そこでまさに「スケートはなぜ滑るのか」という事が書かれていたので、他の掲示板で紹介されていたものですが貼ります。

ttp://www.kunadonic.com/skate/
が目次でその中の「アイススケートはなぜ滑る?」のところ
スケート未経験の人が疑問に思うことや知りたいコツが多く書いてあって、練習用テキストの補足にとてもいいです。

スケートがなぜ滑るのか、そこではキャスターを例にしていました。前進する時はブレードの後方かかと付近に荷重=「支点」、上半身は逆に前に=「重心」。この支点と重心のズレで進むということです。支点が重心を追いかけるように進む。(このあたり、まさにおっさんさんの考えと同じだったので驚きです。大正解!さすがです。)後進滑走は全て逆でブレードの前方(土踏まずよりつま先側)に荷重、体の重心は後方。このサイトでは初心者、初級、中級・・・と分けてあって、初心者編は服装、紐の結び方、歩く・滑る・曲がる、止まり方等。初級編はバック滑走、アウトエッジに乗る練習、クロス。中級はターン・ステップ・ジャンプ・スピン等。初級までをプレーンスケーティングと言ってホッケー・スピード・フィギュアに共通の技術だそうです。中級以降はフィギュアだけの話、エレメンツの練習。

韓国のスピードスケートの話面白かったです。よりかかと側の荷重。世界でトップクラスの種目の影響を、フィギュアでも受けているかもしれませんね。

またブレードの話も分かりやすかったです。噂の「ゴールドシール」、新しいんでしょうか?小塚選手もそうなんですね!彼のジャンプの着氷がつまるのは、まだブレードの利点を活かすに至っていないのですね~。私は小塚・アボット選手と、ベルネル選手のステップもすごくスムーズで好きなんですが、彼もまた何か特徴的なブレードなのかなあと気になります。


>誰かのコメントで、アジア人は足や骨盤の形がフィギュアに向いていると言ってました。
足幅が広い農耕民族ということでしょうか。モロゾフコーチはたしか足が短い(重心が低い?)のでアジア人はジャンプを跳びやすいと言っていたような・・・(うろ覚えです)。骨盤というのはどういう意味なんでしょうね。アメリカでは小さい子が習う時、親子共々アジア人のほうが熱心なので上達するとか。


>彼は07年の新潟でのアイスショーで来日した際、ロストバゲッジで靴を無くし
この年初めてアイスショーを見たんですが、ランビエールの出番で会場が一番わいて、アリーナ席はスイスの国旗がたくさん&すごく熱狂的でした。当時は男子はあまり選手にも詳しくなかったのでただびっくり。ロストバゲッジで、ファンからたくさんの「下着」のプレゼントがあってうれしかったとお礼を言っていました(笑)ファンのみなさんちゃっかりしてますね~*^^*

ジュニアワールドもあって書き込みが埋もれるかもしれませんがいつか気づいたら読んで下さいね~。



コッコさん
>何でライバルのまで磨ぐのよって
私は心が狭いのかな??

素直な感想でうけました(笑)
職人さんは自分の仕事に徹して、選手はそれぞれベストを尽くすのみ、
なんでしょうね。
日本に優秀な職人さんがいてよかったです。
逆のパターンだとちょっと不安・・・。

nana ★MDMkRtpI | URL | 2010年03月11日(Thu)18:39 [EDIT]

タイトル: 骨盤

投稿者 : さんじかん

コメントNo. : 7580

欧米人は骨盤前傾(横から見ると肩-腰-尻がS字)、アジア人は骨盤後傾(肩-腰-尻が一直線)と言われてますね。

前者の場合内股ぎみに、後者ならガニ股ぎみになりますが、このガニ股というのがフィギュアスケートに有利なのかもしれません・・・?
バレエのポジションのようにつま先が横を向くのも、やりやすいのかもしれません(イーグルやイナバウアーの型とか)。

ちなみにサッカーでも、足を後ろに振り上げて前に蹴り上げる動作がアジア人は苦手なので、良いシュートが打てず、日本の決定力不足は骨盤にも原因があるといわれています。
でもちょっと考えると、これってアクセルの動作に似ていて、でも女子のトリプルアクセルジャンパーは日本人が圧倒的に多いですよね。不思議です。
フィギュアのジャンプは横回転なので、アクセルもやっぱりガニ股有利なんでしょうか。

さんじかん ★TkJfOiKA | URL | 2010年03月11日(Thu)23:21 [EDIT]

タイトル: なるほど~

投稿者 : nana

コメントNo. : 7601

さんじかんさん
骨盤の話ありがとうございます。
アジア人は骨盤後傾(肩-腰-尻が一直線)なんですね。
フィギュアはがに股の姿勢が多いので向いているのかもですね。

サッカーのシュートは土踏まずで蹴るのとつま先で蹴るのと
どちらが多いんでしょうね。
土踏まずで蹴るイメージが強いのでがに股でいいんじゃあ~
と思ってしまうのですが、後ろへの振り上げがしやすい骨盤前傾のほうがシュートの威力が強いんでしょうか。
日本のシュートはあまり枠内に飛ばないイメージがあるんですが^^;
それはまたテクニックの問題なんでしょうね。

女子の3Aは、日本というか名古屋というか、山田コーチというか・・・。
伊藤みどりさんは特殊ですけど、以下中野・恩田・舞・真央選手と続くのはやっぱり目の前でお手本を見たという経験・憧れと教えてくれる環境が大きいんじゃないでしょうか。
身体的には振り上げの大きさというよりタイミング・バランス・脚力の影響が大きい気がします。

nana ★MDMkRtpI | URL | 2010年03月12日(Fri)17:56 [EDIT]

コメント

ユーザー登録 は済ませましたか?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。